さつまいも焼き芋

食べ方いろいろ

HOME | 食べ方いろいろ

How to eat

お芋を美味しく食べていただくために

一口大などに小分けにして、ラップで包むと使い勝手よくお召し上がりいただけます。また、皮を破いたりせず、そのまま1本の状態で冷凍保存したほうが、美味しさがキープできます。
 

解凍方法

食べる前日や数時間前に、冷凍庫から焼き芋を取り出して冷蔵庫に移します。
自然解凍したお芋を、アルミホイルに包み直してトースターで温めます。

焼きたて感を再現

焼きたて感を再現するためには、解凍した後にトースターで軽く焼いてみてください。湿気が飛んで、焦げ目も少しつけば、しっとり焼きたてお芋が再現できます。

冷凍向きお芋はねっとり&しっとりタイプ

食感がねっとり&しっとりタイプのお芋が冷凍に最適です。
当店で言えば、

  • 紅はるか
  • シルクスイート

 などがおすすめです。

 バター

おいしいお芋

 ゴールデンコンビともいえる、さつまいもとバター。アツアツのお芋にバターをのせて、とろりととろけたところをお召し上がりください

バターと塩/バターと黒胡椒

こくのあるバターと甘さをひきたてる少々の塩。
また香りの良い粗挽き黒胡椒なども、さつまいもに新しい味の広がりを出してくれます。

チーズ

おいしいお芋

 さつまいもにチーズをのせて、トースターなどでこんがり焼くのもおすすめです。

マヨネーズ

おいしいお芋

 人気の調味料マヨネーズも、さつまいもともバランスよく馴染みます。

メープルシロップ

おいしいお芋

ホクホクのさつまいもにメープルシロップを添えれば、まるでパンケーキのようなおいしさです。

アイスクリーム

おいしいお芋

アツアツのお芋に冷たいアイスクリームが絶妙。また、冷やした焼きいもと合わせても美味しくいただけます。

ココナッツ

おいしいお芋

カリッとおいもにのせるだけでなく、大学芋のようにココナッツオイルと絡めて、表面を焼いても美味しくなります。

つぶあん

おいしいお芋

つぶあんをのせることで、和のスイーツに大変身。見た目のよさだけでなく、安心のコンビネーションです。

黒みつ

おいしいお芋

黒みつと、お好みできな粉を添えてもとても相性のいい取り合わせです。焼きいもはアツアツのものより、冷たいものがおすすめ。

掘り取った芋は、適温適湿の状態で貯蔵し、十分に芋の甘さを引き出したうえで使っています。
 長期貯蔵により、年間を通して販売していますが、焼き芋のイメージが少ない夏も実はおすすめです。一度冷凍させ、半解凍させたものをアイスクリームや生クリームを添えて、アイスクリーム感覚で食べると、ひんやりおいしくお召し上がりいただけますので、ぜひお試しください。

 
自家で自信を持って生産しているサツマイモを、おいしく気軽に食べていただけるようにつくった焼き芋です。
 4種類の品種(「シルクスイート」、「ハロウィンスウィート」、「あいこまち」、「べにはるか」)があり、味の違いを楽しんでいただけます。
 また、お好みの大きさを選んでいただけるように、S~3Lと幅広くサイズをご用意しています。