さつまいも焼き芋

さつまいもの一年

HOME | さつまいもの一年

A Year of Sweetpotate

 春

 

作付け作業

鉾田のさつまいも

ハウスの苗床に親株を定植します。
 
鉾田のさつまいも

葉っぱ5枚残して芯を止めます。残した節から子供芽が伸びます
子供の芽が成長したら畑に植える苗として切ります。
 
鉾田のさつまいも

切り方は節の元から葉っぱ2~3枚残して切ります
苗は葉っぱ5から7枚残して切ります。
 
鉾田のさつまいも

畑に植える時は、葉っぱ三枚(3節)土の中に入れます
 
鉾田のさつまいも

こちらは、船底植えという植え方です。マルチの中に苗をスッポリ入れて植えるやり方で、寒さや北風から苗を守ります。
 
 

 夏

除草作業

サツマイモ栽培でもっとも重要なのは、なんと言っても除草作業です。
真夏の作業ですが、この時期を逃すと雑草と芋づるが同化してジャングルになり、手がつけられません。
 
日当たりも悪くなり、さつまいもは小さくなって糖分もたまりません。さつまいもの葉には太陽の光がまんべんなく降り注ぎ、光合成によって糖がたくさん生成されます。

 

サツマイモの収穫

鉾田のさつまいも

霜が降りる前に収穫をします。さつまいもについている茎(なり首)を少し残しておくと貯蔵性が良くなります。
 

 


自家で自信を持って生産しているサツマイモを、おいしく気軽に食べていただけるようにつくった焼き芋です。
 4種類の品種(「シルクスイート」、「ハロウィンスウィート」、「あいこまち」、「べにはるか」)があり、味の違いを楽しんでいただけます。
 また、お好みの大きさを選んでいただけるように、S~3Lと幅広くサイズをご用意しています。